読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

敗戦にReject

先週の日曜日は滋賀リーグに参戦してきました。

滋賀リーグの5部リーグに所属している京大テニス部のOBたちが集まるチームです。

一応ナンバー1で出場させていただいてます。

 

シングルスの試合で、最近バックハンドを練習しているため、バックハンドでしっかりとクロスに運べることに感動していたらいつの間にやら4-1。でもきれいにコースをついているだけで、昨夜見た錦織vsフェレールのような感じではなくもやもやしていました。

とかなんとか考えていたらいつの間にやら4-6で1st setを落としていました(笑)

全くポイントが取れなくなって、バックハンドの打ちすぎで一番の武器である回り込みフォアハンドを全く使っていなかったことに気づきました。

フォアで回り込むようにしていながらも2nd set 3-5まで追い詰めれて、スイッチ入りましたね(笑)声が出始めました。打つたびに、ポイントを取るたびに声が自然と出てきました。逆転に成功し7-5で2nd setを取ったものの。足が悲鳴をあげました(笑)

足つってファイナルセットは瞬殺されました。

そういえばバックハンドを練習していたのも回り込みを少なくして、体力が少なくても勝てるようにっていう思惑で練習していたんだった(笑)

 

この1週間この試合のことがひたすら頭の中で繰り返されています。

まじ悔しい。