読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネームバリューパワー

皆さんはこんな体験をしたことはないだろうか?

 

 

過去にインハイ優勝やインカレ優勝という戦績を持っている相手と対戦しなければならなくなりました。

試合前には「あーあ、運がないな。こんな強い相手と当たるなんて」と思っていたが、いざ試合をしてみると、相手はなんだか調子が悪そうで試合の中盤までは自分がリードしています。

「なんかリードしてるけど、相手は〇〇やし、ここまでは油断してただけでこっから本気出してくるんやろうなー、逆転されないように気を引き締めるぞ!」と思っているとあれよあれよと逆転負け。

試合後には「意外に善戦出来たけど、やっぱり勝てなかったなー。強かった。でもいい試合できたし自慢になるかな!」と悔しいけども納得の表情になる。

 

でもこの試合、実力は同じでも自分にも相手と同じだけのネームバリューがあれば勝てた試合だと思いませんか?

もちろん強いチームは逆境に強かったり、競ったところで強いとかもあると思いますが、メンタル面で負けていることの方が多いという可能性も捨て切れません。

 

さて、ネームバリューパワーとは、テニスなど相手のいるスポーツの試合において、相手選手(またはチーム)が過去にすごい戦績を持っている(インハイ優勝とかインカレ優勝とか)時に感じる謎の威圧感のことです(笑)

もちろん自分に同等のネームバリューがあれば威圧感は受けませんので、厳密には自分と相手のネームバリューの差ですが

 

実はネームバリューパワー以外にも、ルックスパワーというのもあって、これは選手がプロっぽい格好(ラケットのガットにメーカーのマークが書いてあったり、でかいラケットバックを背負って上下の服装のメーカーが同じとか)をしてると強そうに見えることです。

 

今日はネームバリューパワーの特徴と克服方法について考えてみます。

ネームバリューパワーは意外と厄介なヤツで、これを持ってるだけで相手が自滅する確率がかなり高まります。

他には、相手が「無名の選手なんかに負けるかよ」っていうちょっと気だるい感じで試合してくるので、自分もなかなか試合に集中できなくなるなどの効果もあります。

 

さて、このネームバリューパワーを克服するために今まで効果がありそうな方法を4つほど見つけました。

 

1つ目、自分も同じだけのネームバリューを手に入れる

2つ目、死ぬほど練習をして圧倒的に相手の実力を超える

3つ目、情報をシャットアウトして相手の名前を見ても「誰?」ってなるようにする

4つ目、相手と仲良くなって相手に認めてもらう

 

おそらく1つ目を達成してる頃には2つ目も4つ目も達成してる気がしますが(笑)

3つ目は自分の経験に基づきます(笑)

 

現実的に努力するのであれば2と4ですかね。

1を手に入れるためには、ネームバリューパワーを持った選手に勝たないと同等のネームバリューパワーは手に入りませんし。

3つ目もこの情報化社会では難しい気もします。

4つ目はコミュ障には難しいですが、仲良くなることで相手に認めてもらえれば割と対等な気持ちで試合をすることが出来ます。あとは実力の勝負です。

まぁ友達とは試合しづらいっていう性格の人には向いてませんが(笑)

 

人間意外と自分の壁は自分で決めてしまっている部分が多いらしいので、それを打ち破るのは難しいです。

 

面白いなと思った言葉にこんなことがあります。

三流の人は人の期待を裏切る

二流の人は人の期待に応えられない

一流の人は人の期待に応える

超一流の人は人の期待を超える

 

まさに長嶋茂雄とか、錦織とか、大谷とかは完全に人の期待を超えていってます。

自分自身の壁の次には世間の常識という壁が立ちはだかります。

まずは自分自身の壁を超え、さらには世間の常識という壁も越えていけるような人になりたいものです。