読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

錦織圭vsモンフィス

ゲリーウェバーオープンの2回戦。

第4シードとして出場した錦織圭はフランスが生んだ天才モンフィスと対戦した。

フランスの天才vs日本の天才である。

昔からずっと見たかったこの対戦カードの結果は

錦織の6-1,3-6,6-3で勝利。

 

ファーストセットは怒涛の5ゲーム連取でモンフィスのメンタルがブレイクするところまで追い込みました。

しかしここからモンフィスが吹っ切れていつものダフォモードに突入。

しっかりとキープをし始めます。

錦織はいつも通りファーストセットを怒涛に連取するとセカンドセットにてこずります。この試合もいつもと同じように苦しい展開になり、モンフィスのサーブをブレイクすることが出来ず1ブレイクダウンでセカンドセットを落としてしまいました。

しかしファイナルセットに入ると錦織は1つギアをあげてしつこいテニスを始めます。

これにモンフィスが対応できず、先に錦織がブレイクして4-2。

このままでは終わらないモンフィスがなんとか次のゲームをブレイクバック。

しかし、錦織は落ち着いて次のゲームをブレイク、キープとつなぎゲームセット。

錦織はまだ芝のプレーに慣れていない感じがあったが、怪我の影響を感じさせないトップ10のテニスをしていました。

次勝てばフェデラーとの芝の初試合に近づきます!

ダブルスは惜しくも今日負けてしまいましたが、明日のシングルスが楽しみです。