読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自信を持つためには

自信を持つためには、自分が納得できるまで努力する必要がある。

 

「これくらいでいいか」

 

と、努力を怠けてしまうことがあれば、自信はついてこない。

でも本人がやれるだけやったと思えば自信はついてくる。

だから自信がつくまでに必要な練習量は人それぞれである。

自分がやれるだけやったと感じるかどうかは人それぞれだからである。

 

「あ、これもやっといたほうがいいかな?でもまあいいか」

とか少しでも引っかかることがあれば、本当に大切な緊張した場面で、

そのことが頭によぎる。これは必ずよぎる。

でもその時に、この時のためにあれだけ練習したんだと自信を持つことが出来るかが最重要なのである。

 

部活でも自信を持って試合ができるやつとできないやつがいる。

これは心のどこかで自分が納得できるまで努力を重ねられなかったからなのではないだろうか?

自分が納得できればまず間違いなく自信はつく。

ただ、自分の納得のできるレベルが低ければ自信はつくが実力はつかないA.

なるべく高い理想に設定し、それを自分が達成できて初めて実力の伴った自信をつけることが出来るのである。