読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

休日

今日は朝8時ごろに目覚め,研究室に向かう.

朝のうちに資料を作り上げようとしたが,やる気が起きずデータの図を作るだけになりました.

お昼からはテニスを13時~16時半でやり,その後資料作りに励みました.

結局まだ資料は出来上がっていないので,近くのジョイフルで作るかなーと思ったけど,研究室で作り上げてからくらずしにでも行こうかなー

今日の論文

Whitney et al. - Perceptual mislocalization of bouncing balls by professional tennis referees. - Current biology CB - 2008

テニスのプロの試合で,チャレンジされた際に審判のミスが,

アウトのボールをインと判定するよりも,インのボールをアウトと判定してしまう方向に有意に多かったことを示す論文.

 

うーん,まずケチをつけるとしたら,チャレンジされるボールにはすでにバイアスがかかっているということ.

選手側からしたらアウトって言われたときにチャレンジするのは,リスクとしてチャレンジ回数が減るだけだけど,インのボールに対してチャレンジするのはプレーを止めなければいけないからリスクが大きすぎるんだよねー
読み間違いかもしれないけど,チャレンジされたボールに対してしか調査してなさそうだし・・・

アウトのボールに対するチャレンジ回数と,インのボールに対するチャレンジ回数ってずいぶん違うと思うんだけど,読む限りでは何の記載もないなー
インのボールがアウトに見えてしまう現象は心理学的にちゃんとあると思うけど,これだけでテニスのプロの審判がその方向にミスをしがちだと結論付けるのは時期尚早.