機能的結合ニューロフィードバック

ようやく一本目・・・
https://academic.oup.com/…/Connectivity-Neurofeedback-Train…
2017年6月21日付でようやく筆頭著者の論文をCerebral Cortex誌にpublishすることが出来ました。
Open accessなので皆様ぜひ。


研究内容を簡単に説明すると,脳はいくつかの機能的に異なる脳領域に分かれていて,脳領域間では色々と情報のやり取りが行われています。
今回はreal-time fMRIという装置を使って,この脳領域間の関係性を変えることによって,ヒトの認知機能にまで変化を及ぼせるかどうかを調査した研究になります。
先行研究では,情報のやり取りを増加させられるということはわかっていたのですが,じゃあ減少させることは出来るのか?情報のやり取りを変化させることで認知機能にまで変化を及ぼせるかどうかというのはわかっていませんでした。
今回は,脳領域間の関係性を両方向(情報交換の増減)に変化させられること。脳領域間の関係性を変えることで認知機能にまで変化を及ぼせそうだということがわかりました。
初めての実験が2013年の10月やったみたいなんで,苦節ほぼ4年?(笑)
初実験の時はちょうどASCONEに参加させてもらった時で,ASCONEの合宿所で共同研究の先生から結果が送られてくるのをワクワクしていたのを今でも覚えています。
それからは,まぁ全然思うような結果が出ないことが続き,2年くらいたってようやくそれっぽい結果が出てくるようになって論文を書き始めて,初めてのrejectを経験して,この度ようやく・・・
長かったぁ( ;∀;)
先週に報道発表も行わさせていただいて,8月7日付の京都新聞の夕刊にも取り上げていただきました。
本当のところを言うと,注意力が向上したとまでは言えないというのは報道発表の際にお伝えはしたのですが,メディア側としてはこのほうが伝えやすいとは思うので,多少しょうがないかなと思う部分はあります。
NHKの取材もあったのですが,いかんせん台風で甲子園が延期やらニュースの題材には困らなさそうなので,お蔵入りしそうな気もします(笑)
関西限定だと思いますがNHKで見かけたってかたは教えてくれると嬉しいです(笑)

 

日経新聞にも取り上げていただきました。

www.nikkei.com


海外のサイトでも取り上げられ始めていてうれしく思います(全部全く同じ文章)。
https://www.eurekalert.org/pub_releases/…/abic-mbn073117.php
https://medicalxpress.com/…/2017-08-brain-network-cognitive…
http://healthmedicinet.com/i/manipulating-brain-network-to…/

 


さらに論文がacceptされてすぐに,peer reviewのお願いも来て,ようやく研究者の一員になり始めたような気がします。
博士号取得まであとひと踏ん張りです。
あ,論文accept前に提出した海外学振はダメでした・・・
やはり筆頭著書0では業績欄が平均以下で,acceptがあと1月早ければ!!と思うところはありますが,自分の仕事が遅いことが原因ですのでまた頑張ります。

 

論文の中で7点で計算した相関値をfeedbackしていることについて,7点で計算された相関値は分散が大きすぎて,正しい情報をフィードバックできていないのではないか?という批判について

批判に答えるために簡単なシミュレーションを行ってみました。

確認すべき点は,被験者が正しい脳の状態(例えば,結合を増加させる群では被験者の元々の相関値よりも高い相関値を示す脳状態)を誘導できた場合に報酬がフィードバック出来るのかという点です。

ここでは被験者が様々な脳状態(様々な相関値(-1:0.1:1))を誘導できた際の脳活動の時系列データを作成してみて,その時系列から7点を取り出して相関値を計算した場合に,どのくらいの確率で正しい脳状態の場合に報酬をフィードバックできるかをシミュレーションしました。

例えば,被験者の元々の相関値を-0.1だとして,被験者が相関値0.3の脳状態を誘導できていた場合に7点で相関を計算すると,相関の推定値は-0.2とか0.4とか大きくばらついて推定されてしまいます。相関値0.3の脳状態を誘導できていたのに,相関値が-0.2などと推定されてしまった場合には報酬がもらえないので学習が進みません。

今回,この試行を何回も繰り返した時にどの程度の割合で報酬をフィードバックできたかを計算しました。
その結果,被験者が相関値0.3の脳状態を誘導出来た場合,80%以上の確率で報酬を与えられました。これが相関値0.2の脳状態を誘導した場合には75%,相関値0.1の場合には67%くらいにまで下がりはしますが,ある程度正しい方向にバイアスして報酬を与えることは出来ていると考えられます。
なので7点の相関値の推定値の分散が大きくても,ベースラインよりも相関値が高い脳状態を誘導できた場合(結合を増加させる群の場合)に,正しい方向にバイアスして報酬をフィードバック出来ていることが学習につながったのではないかと考えられます。

このことからも原理的には学習は可能であると考えられます。

 

しかし,今のままでは効率的な学習方法ではないのは明らかですので,現在は実験方法を改良しています。計算に使用する点の数は多いほうが良いのですが,点の数を多く確保しようとするとその分フィードバックに時間遅れが生じてしまうというトレードオフがあります。現在はマルチバンド撮像法や,少しフィードバックに時間遅れが生じても良いので相関を計算する点の数を多くして実験を行っています。

ラケットを投げるということ

杉田選手が初のATPツアー優勝かつ松岡修造の46位を抜いて日本男子歴代2位の44位となりました。
この芝シーズンを最高の成績(芝のチャレンジャーとATPツアーで同じ年に優勝した初の選手,アンタルヤオープンの初代王者,4大大会初勝利など)で終えました。

そして,われらが錦織圭ウィンブルドンもまたしても3回戦負けで2週目に進めませんでした・・・( ;∀;)
今シーズンは成績も振るっていないので,ネット上では批判の嵐でいっぱいです。

特に今シーズンはラケットを折れるところまで叩きつけていたりして目立っていますね。成績もあまり振るわないストレスからくるデフレスパイラル状態な気もします。
昔まではこれくらいやったのに・・・(笑)

f:id:baby-steps:20170708140041g:plain

 

擁護派も批判派もいるけれど,杉田の選手のコメントが一番納得しました。

 全仏オープン | 杉田祐一 OFFICIAL BLOG


とりあえず自分の意見としては,「自分がテニスしている上では絶対ラケットは投げない。錦織にも投げてほしくはないが,投げてもいいから勝ってほしい」という感じです(笑)
ただ,やっぱり錦織はめっちゃ真面目やから,ワウリンカとかと違ってラケット投げた後にすっきりして強くなる,みたいなことはない気がするんですよねー(決してワウリンカが真面目でないと言っているわけではありません)
とりあえず今度からベイビーステップの荒谷のようにラケットを投げ捨てるのではなく,怒りは大声で空中に放つということをやってほしい(笑)

まず間違いなくラケットを投げ捨てる行為自体はスポンサーにも悪いし,ラケットを作った人のことを思うとやってはいけないこと。錦織がちゃんと全仏オープンの試合後にはスポンサーに電話で謝ったという話は重要なことだと思います(バナード・トミッチのようなやんちゃな選手もいるし)。もちろん謝ればやってもいいということではないですが。これはテニスのルール的にもちゃんとコードバイオレーションで罰を受けることになります。

全英で「テニスに飽きた」と失言のトミックが170万円罰金とスポンサー解除 (THE PAGE) - Yahoo!ニュース


ただ,それを教育の観点から悪いことだからやるなっていうことに対して,スポーツ選手は教育者ではないというのは納得。何が良いか悪いかという点は親がしっかりと教育すべきところだということは確かにその通りで,子供がラケットを投げて「錦織がやってたもん」ということに対してしっかりと怒れるかどうか。


今シーズンの錦織の成績にはヤキモキすることがとても多いですが,ヤキモキするってことはやっぱり錦織に勝手に期待している部分なので,むしろヤキモキしなくなったら終わりや!(^^)!

次は得意のハードコートシーズン!
こっから巻き返して全米オープン優勝,ツアーファイナル優勝目指して頑張ってもらいましょう!!

効率的な練習のために

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170612-00010000-fballista-socc&p=2

心・技・体,全てに言及してるところがよく考えられてる証拠やなぁと感じた。

記事のタイトルは中で言ってることとは違ってミスリーディングなのが残念ですが…

ランニングは無駄なのではなく非効率ではないか?と言ってるだけ。

 

テニスの場合,試合時間は長時間やけど,プレー自体は短時間の繰り返しというところが難しいところ。まぁサッカーもストップ&ダッシュの繰り返しやし似たようなもんか。

自分の時も,同じようなことを感じて長距離走よりもオンコートトレーニングを大量にやってたけど,メンタルを鍛えるために長距離走もなくさなかった。
試合で競った場面での後ひと踏ん張りの我慢!って長距離走でしんどくなった時に歩かずに走り続けるときに似てると思ってたんやけど,確かにゲームの中でそういうメンタルを鍛えられるならそれのほうが有益よなー

「例えば、ハイテンポなプレーを4分間行い、2分間の休憩を挟み、またハイテンポなプレーを4分間、これを4回繰り返すとします。4分の間に20回アクションを起こすとしたら、4セットで計80回アクションを起こすことになります。そうすると、22分の間に80本スプリントすることになります。ここで休憩を2分から1分半にすると、同じ80本のスプリントを20分半の中で行うことになります。さらに休憩を1分にすると、19分間で80本スプリントすることになります。こうしてスプリントの頻度を上げることで、より素早く回復する能力を養っていく、といった高いインテンシティを維持するトレーニングメニューが求められるようになっていくのではないでしょうか」

これって俺の大好きな1分間振り回しみたいなもんか(笑)
もうちょっと,1人当たりの休憩時間も考えて出来ればよかったんやな。
夏練で吐くまでやったのが良い思い出や(笑)

道徳をどう教えるのか

難しい問題だけど,読むと少しすっきりする。

news.yahoo.co.jp

職場で人と一緒に食事をとることの重要性

blogs.scientificamerican.com

 

この記事では、ランチタイムに仕事を中断して同僚たちとご飯を食べることの重要性について主張していました。

アメリカでは20%程度しかお昼に席を離れてご飯を食べに行くという行為をしていないようです。

 その理由は、昔は労働が多かったので休憩も兼ねてお昼休みをちゃんと取ってご飯を食べることが重要だったのですが、近年ではデスクワークが増えたため、机に居ることが「忙しさ」の指標になり、机を離れてご飯を食べに行くことが軽視されるようになってきているようです。

 

個人的には、人と話すことで研究のアイデアが浮かんだり少し落ち込んでた気分がよくなったりすることがよくあるので、お昼休みにみんなでご飯を食べるのは賛成なのですが、この記事ではチーム内の仲を良くするためにも一緒にご飯を食べたりすることは重要だと言っていて、少しこの部分の説得力が弱いかなと感じました。

自分データ集め

自分の体調を管理するために2年ほど前から自分データをEvernoteを使って日記風に集めていました。

 

例えば、就寝時間と起床時間、睡眠時間、睡眠の質、モチベーション、達成度、支出など。

 

自分データの使い方としては、自分の場合、「3か月くらいデータを集めて解析したところ、就寝時間が早いほうがモチベーションや達成度が高いことがわかったので、なるべく早い就寝時間にするようにした」とかです。

 

ただ、Evernoteで日記のようにデータを集めるのはいいのですが後でExcelなどにまとめるのが面倒で、データを取るだけになってしまっていた。

 

先日「リズムケア」というアプリを教えてもらったのですが、

超じぶん管理「リズムケア」

超じぶん管理「リズムケア」

  • Yasuo Shiohata
  • ヘルスケア/フィットネス
  • 無料

 これがすごく使いやすい!

 

自分の取りたいデータを自分で設定して、入力方法もスカラー入力、5段階評価、時間、累積時間など色々選べるのですごく便利だし、すぐにグラフ化することが出来る!

さらにまだ試してないですがcsv file形式での出力も出来そうなので、統計解析もすぐに開始できるかも(^^)/

とりあえず、Evernoteからデータの移し替え作業中です(笑)

頑張っている気がするのに仕事が全然進まない

最近、自分は無駄に研究室にいる時間が長いだけで全く効率よく研究を進められている気がしてなかった。


Todo listに具体的にやることを書いたり、優先順位と重要度の2軸で分けたり、ネットでよく見かける方法を使うことで多少改善はされてきていたけれど、なんだか悶々としてた。


昔「もしドラ」ついでに読んだドラッカーの本に「時間から始めよ」ってあったのを思い出して、まずは自分の24時間が何にどれだけの時間が使われているのかを計測してみることにした。


前にも一度取り組もうとしたことがあったけど、その時は何をどうやって計測すればいいかわからず断念。


でも今回はTodo listをきっちりまとめられていたので、そこはすんなりいった。

toolとしてはとりあえずTogglを使うことにした(最近は本当便利だ)。

Toggl - Free Time Tracking Software

 

Togglは無料で使えるしiphoneアプリもパソコンのデスクトップ用もあるし、アカウントで一括管理できるので便利。

使い方は基本的にストップウォッチのスタートとストップを押すだけ。

押す前や後に、何をするかという項目をちょちょっと書いたり、あらかじめリストアップしておいたプロジェクトから選ぶことで何に時間を費やしたかを計測。

 

で・・・

 

色々な時間を計測してみてわかったことは、単純にやっていることの時間を計測するという行為だけで、自分の意識が大幅に変わったということ。


例えば、あるタスクに関して時間を計っているので「他のタスクに手を出してはいけない」という意識が働いて目の前のタスクに集中しやすくなったし、休憩にしても休憩をすればするほど休憩欄の時間がどんどんと増えていくことに罪悪感を感じるので、15分くらいですっとタスクに戻れるし(笑)


まだまだ自分の時間の使い方を知る段階なのに、時間を計るだけでこんなにも意識に変化が現れるとは思わなかった( ゚Д゚)
まだ1日目ですが、とりあえずこれを続けてみて自分の時間の使い方を改めてみようと思います。